不眠症の種類について

夜寝付きが悪い、なかなか眠れない、すぐ目が覚めてしまい深く眠ることができないなどといった症状が出てしまうのが不眠症です。

 

不眠症と一言で言ってもその種類は色々あります。

 

不眠症にはさまざまなタイプがあり、それを4つに分けることができます。

入眠困難タイプ

1つ目は「入眠困難」です。

 

これは寝床についても30分から1時間以上は眠りにつくことができない状態のことです。

中途覚醒タイプ

2つ目は「中途覚醒」です。

 

一旦眠りにはつくものの、翌朝起床するまでの間に何度も目が覚めてしまう状態のことです。

早朝覚醒タイプ

3つ目は「早朝覚醒」です。

 

起床したい時刻だったりいつも起きる時間の2時間以上前に目が覚めてその後眠ることができない状態のことです。

熟眠障害タイプ

4つ目は「熟眠障害」です。

 

眠りが浅く、睡眠時間が少ないわけでもないのに熟睡した感じを得ることができない状態のことです。

 

これらの症状が出てしまうと不眠症の可能性が高くなります。

 

また深刻になると、上記の4つの症状が複数現れることがあります。

 

眠症と一言で言っても症状の出方は個人差があり、入眠できない状態が続いて何度も目が覚めてしまい殆ど眠ることができないまま起床時間を迎えてしまう方も。

 

不眠症かもしれない…と思ったら自分がどのタイプに該当するのかを調べてみてくださいね。

 

 

TOPページ:「朝起きられない」を改善するTVにも取り上げられた光目覚まし時計の詳細はこちら>>