睡眠の質をあげる方法

睡眠の質をあげる方法

睡眠の質を上げるのにオススメな方法の一つは、就寝の1時間半〜2時間ほど前にお風呂に入ることです。

 

人間の深部体温(普段測っている表皮の体温ではなく、体の中心部の体温)のリズムは昼間は高く、睡眠前にどんどん下がっていき、就寝中の真夜中は最も低くなります。

 

そこで、就寝前にお風呂に入って一旦体を温めておくことで、入浴後にスムーズに体温が下がりやすくなり、寝付きやすくなるのです。

 

ちなみにこの時、シャワーではなく必ず湯船につかるようにしましょう。

 

シャワーではしっかり体を温めることができません。

 

また、お湯の温度は38°C〜40°Cくらいのややぬるめのお湯に、20分程度ゆっくりとつかるのがべスト。

 

最低でも10分はつかりましょう。

 

ややぬるめのお湯につかると、自律神経の一つである副交感神経が優位になってリラックス効果もあり、睡眠の質も良くなります。

 

その他にも、血行改善の効果や免疫力アップなどの健康効果も期待できるんですよ。

 

逆に42°C以上の熱いお湯は、交感神経を優位にさせてしまうために逆に目が冴えて眠れなくなってしまいますので要注意です。

 

熱いお湯に入りたいという場合は、夜ではなく朝入ったほうが夜の睡眠の質も下げないですよ。

 

もし夜に入りたい場合は寝る直前ではなく、就寝時間の3時間以上前に入るようにしてくださいね。

 

 

TOPページ:「朝起きられない」を改善するTVにも取り上げられた光目覚まし時計の詳細はこちら>>