自律神経と睡眠の関係

睡眠と深く関わっているのが自律神経で、良い眠りには交感神経と副交感神経のバランスが重要です。

 

交感神経とは昼間に優位になる神経で、身体に緊張状態をもたらします。

 

交感神経が優位に働くと活動しやすい状態になりますが、デスクワーク等で座っている時は筋肉や筋膜が硬くなり血行が悪くなりやすくなります。

 

副交感神経が優位になると体がリラックスモードになり血行が促進されて身体の修復出来ます。

 

質の良い睡眠を取るには、副交感神経を優位にさせてリラックスした状態にすることが大切です。

 

副交換神経を優位にして自然な眠りをサポートするために、睡眠30分前からは脳を興奮させやすいテレビやパソコンの使用は控えるようにします。

 

若い人に多いですが入浴はシャワーだけだと副交感神経を優位にさせる血行が良くなりにくいです。

 

湯船にしっかりと浸かってリラックスし、体を休ませることが大切です。

 

お風呂上がりのストレッチも血流改善に有効的です。体が暖まってストレッチしやすくなっているのでテレビを見ながら簡単なストレッチを取り入れてみてください。

 

また今人気のカイロプラクティックも血行促進に有効です。

 

関節を調整すると。これも副交感神経を優位にする働きがあります。

 

夜に施術を受けて、そのまま睡眠に入るのも眠りやすいです。

 

腹式呼吸でも自律神経を整える事が出来るので、よるベッドの上で睡眠を促すようにゆっくりリラックスしながら腹式呼吸をしてみても良いでしょう。

 

TOPページ:「朝起きられない」を改善するTVにも取り上げられた光目覚まし時計の詳細はこちら>>