目覚まし時計のアラームが聞こえない理由は?

目覚まし時計のアラームが鳴っているのに全然聞こえなくて朝起きられない…と深刻に悩んでいる方は多いです。

 

アラームで起きられないと遅刻してしまうのではないか、約束の時間に間に合わないのではないかと寝るのが不安になってしまいますよね。

 

体や脳を休ませる睡眠が恐怖の時間になってしまうのは地獄です。

 

なぜ、目覚まし時計がなっているにも関わらず自分は起きることができないのか。

 

それには原因があったんです。

アラームに反応できない原因

睡眠の質

睡眠時間をしっかり確保していても、質が悪ければ十分に時間をとったとしても身体は睡眠不足状態です。

 

寝具が体に合わない、考え事をしてしまう、直前にお腹いっぱいの食事をした。これらはどれも睡眠の質を下げる原因になります。

 

眠りが浅いと疲れがとれず、睡眠の質が悪化してしまいます。

 

不規則な生活リズム疲れストレス季節の変わり目急激な温度の変化も睡眠の質を低下させる要因になるので、寝具を自分の合うものに変えたり、寝る前に寝つきが悪くなる考え事は避けるようにしましょう。。

体内時計の乱れ

体内時計の乱れも目覚ましが聞こえず起きられないことに関係しています。

 

体内時計は朝起きて、夜眠るという身体に指示をしてくれる働きをしますがこれが乱れると目覚めが悪くなります。

 

体内時計が乱れる原因は不規則な生活リズム極端な夜更かしが原因です。

起床障害

起床障害という朝なかなか起きることが出来ない病気もあります。

 

この起床障害は目覚ましの音が耳に入らず起きることができません。

 

脳が覚醒しないと家族に起こされたり、アラームが鳴ったことを覚えてないこともあります。

病気

その他めまいや突発性難聴など耳の病気によって音そのものが聞こえなくなってしまっていることも考えられます。

 

目覚ましの音が聞こえない場合に効果的な改善方法は環境作りです。

 

身体に負担をかけず入眠できる環境をつくり体に今は寝る時なんだと思われることが大切です。

 

部屋の電気を全て消す

外の光も遮光カーテンで塞ぐ

部屋の室温や湿度を整える

リラックス効果のある香りを置く

音や光の出る電化製品を近くに置かない

 

といった光や音を極力遮断することで身体が「今は眠るときなんだ」と認識し、起きるときに太陽の光を浴びるようと体内時計を正常化することにつながります。

 

そして、体質改善も必要です。

 

目覚ましが聞こえなくて朝起きられない体質を改善するには、食事のボリュームは朝や昼に重点を置き、夜は食べ過ぎないようにすること、食事の後、眠りを妨げてしまうカフェインを摂取しないことやお酒やタバコの量は程々にすることを意識的しましょう。

 

 

TOPページ:「朝起きられない」を改善するTVにも取り上げられた光目覚まし時計の詳細はこちら>>