睡眠の質と栄養素の偏りの関係とは?

睡眠 栄養

「最近なんだかグッスリと眠れない」「寝つきが悪い…」とお悩みの人もいると思いますが、その理由はもしかしたら「栄養の偏り」によるものかもしれません。

 

特に仕事が忙しくてきちんとした食事が取れていなかったり、ダイエット中で食事制限をしている人は要注意です。

 

実は質の良い睡眠に関係する栄養素というのは色々とあるものです。

 

その中の一つはカルシウム

 

カルシウムと言うと骨を強くする栄養素というイメージですが、精神を安定させてイライラを鎮める作用もあるため、夜寝つきを良くするためには是非積極的に摂りたい栄養素です。

 

日本人は慢性的にカルシウムが不足していると指摘されていますので、普段から牛乳などの乳製品や小魚などを取り入れるようにしたいですね。

 

また、もう一つ注目の成分があります。それはトリプトファンです。

 

トリプトファンは人間の体の中で作ることができない必須アミノ酸の一つで、興奮を鎮める作用がある「セロトニン」の原料になります。

 

また、セロトニンには睡眠を促すホルモンであるメラトニンの分泌を促す作用もあります。

 

トリプトファンが多く含まれている食べ物はチーズなどの乳製品、アーモンドなどのナッツ類や大豆製品が挙げられます。

 

「最近睡眠の質が悪い」と気になる人は、これらの食材を積極的に摂ってみてくださいね。

 

TOPページ:「朝起きられない」を改善するTVにも取り上げられた光目覚まし時計の詳細はこちら>>